FC2ブログ
 QAF ゲイル・ランディ・ジョッシュ・マーク等の検索で来られた方、
こちらには何も書いておりませんので他サイトさんへお回り下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
知る人ぞ知る? の、有名なアレックス君が天国へ旅立ったとミクシィのコミュで知りました。
・・・ショックです。

アレックス財団

人と会話する事が出来、感情も表すことが出来たアレックス君。
共に暮らしたペッパーバーグ博士の悲しみはいかばかりか・・・。

31歳、ヨウムの寿命からいけば、早過ぎるような。
もっともっと長生きして欲しかった。

いずれにしても、今世の役割を終えて旅立って行ったんですね。
彼の残した功績は本当に大きい。

ここで記事が読めますが、こういうのはすぐにリンク切れになっちゃうことが多いので、載せさせてもらいます。まずければ、即消します。

"""""""""""""""""""""""""""""""""

「知能は5歳児並み」世界一賢いオウム、アレックス死去

2007年09月13日 11:01 発信地:ウォルサム/英国


【9月13日 AFP】高度なおしゃべりをすることで世界的に有名なオウムのアレックス(Alex)が、7日に31歳の生涯を閉じた。アレックスの飼い主であるアイリーン・ペッパーバーグ(Irene Pepperberg)博士(比較心理学)が明らかにした。死因は自然死だったという。

 アレックスは、ペッパーバーグ博士から100以上の英単語を教え込まれ、「僕は~をしたい」「僕は~に行きたい」など、目的語や目的地を入れた簡単な会話をすることができた。また、50の物体、7つの色、5つの形を認識し、数を6つまで数えることもできた。「彼は2歳児の感情と5歳児の知性を持っていた」と同博士は指摘する。

 米ハーバード大学(Harvard University)とブランダイス大学(Brandeis University)で教べんをとる同博士は、アレックスを紹介するウェブサイト(www.alexfoundation.org)に次のような追悼文を寄せた。「彼は『オウムは人の言葉を無意識にまねるだけ』という固定観念をくつがえしてくれた。彼は大いなる遺産を残した。鳥の心に対する一般概念を変えただけでなく、バカを表す『bird brain(鳥の脳みそ)』という言葉への認識も変えたのだ」

 なお、アレックスは死ぬ前日の夜、自分を鳥かごに入れて去ろうとする博士に「じゃあね、また明日。君を愛してるよ」と声をかけたという。(c)AFP

"""""""""""""""""""""""""""""""""
本当に本当に残念でたまりません。
You Tubeで生前のアレックス君が少し観れますね。
安らかに、アレックス君、お疲れ様でした。
また次の世で、ペッパーバーグ博士と巡り会えますように。



スポンサーサイト

|09-15|鳥さん仲間||TOP↑

プロフィール

冴夜花☆