FC2ブログ
 QAF ゲイル・ランディ・ジョッシュ・マーク等の検索で来られた方、
こちらには何も書いておりませんので他サイトさんへお回り下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
ご近所のルチノーオカメのキキちゃん・・・、3月28日に迷子になって二週間が過ぎた・・・。

未だ何の情報も入って来ないそうだ・・・。
キキちゃん、どうしているの ?
人が大好きで、いつも出して出してとカゴの入り口で足踏みし
ていたそうだ・・・、その様子がありありと目に浮かぶ・・・。

あちこちに貼り紙をして、交番にも届けておられる。
保護・迷子掲示板にもカキ込みされている。

この辺りは猫が多い為、とても心配しているが、無事で保護されていると信じたい。
どうかどうかキキちゃん、無事でいて !!

今回の事は、沢山の最悪な偶然が一緒になってしまい、起こってしまったそう・・・何かが起こる時って、そうなのかも・・・。
もしあの時~でなければ・・・、もしあの時~しなければ・・・。
わかりすぎるぐらいわかる・・・、人事では無い、本当に辛い。

でもまだ希望持ってるからね、キキちゃん、早く帰って来てね。


H14年11月12日に内臓痛風で亡くなったグレープ@ノーマルオカメは、迷いオカメだった。
グレーブは H3年3月27日に(キキちゃんと一日違い!)、二軒お隣のアンテナの上で、うちのオカメ達と鳴き交わしていた。
声が聞こえた時、初め、誰かが外に出てしまったのかと慌てた。
みんな揃っているのを確認し、迷いオカメだっ! っと急いで見に行ったらやはり。

それから二時間あまりかかっただろうか・・・、何回も上空高く飛んで旋回、また近くへ戻って来てを繰り返し、とうとう疲れて桜の木の枝でウトウトしだした時、もうこれで最後、捕まらなかったらダメだと、後ろからそ~っと近づいて握り、家にダッシュ、玄関の戸を閉めた時の安堵感といったら・・・。

握った瞬間すごい悲鳴を出し、思いっきり手の平を咬まれたけど、ここで放したら終わりだと思って我慢した。
夕方になってきて、小雨も降り出し、あのままだとどうなっていたか。

グレープは人に慣れていて、見つけた時肩に乗ってきて、何やらお喋りをし出したけれど(♀なのに!)、手を出すと逃げてしまい、大変だった。

それにしても、普段、のんびり ぼへら~としたオカメ達を見慣れているので、上空高く超スピードで鷹のように飛ぶグレープを見た時はとにかく驚いた。パニックになっていて、もう何が何かわからず飛んでいただろうが、後に、オカメはオーストラリア最速の鳥と知って、納得。
同時にあの速さでは、遠くから飛んで来た可能性ありかもと。。。

結局探している情報等も無く、うちの家族となり11年近く一緒に暮らしたグレープ。
まだ若そうで、とても立派な体つきをしていたね。
ノーマルの♀は初めてだったから、新鮮だったよ。
今思うともグレーというより、シナモンっぽい色をしていたけど、本当にノーマルだったのかなぁ・・・。
その頃、鳥たちの数も半端じゃなかったから、きっと戸惑った事だろう。
最後の4年間は内臓痛風の為両脚が立たなくなり、寝たきりになったけれど、本当に頑張ってくれた。
根本的な治療法が無く、痛風の痛みを止めるステロイドしか使えず、結局何もしてやれなかったけど、一緒に暮らせて嬉しかったよ。

このグレープの他、昔セキセイを飛ばしてしまい必死で探している時に、「うちへ飛んできたけどお宅の鳥ではないですか?」と連絡があり見せて頂いたけど違う子で、そのお宅では飼えないからと連れ帰った萌、ご近所のベランダに飛んできたと連れてこられた彩、父親が車で国道を走ってる時に前方にヒラヒラと舞い降りてきた柚子。
思わぬ縁で家族になった子達・・・。


キキちゃんもきっと、どなたかに保護されて元気でいると信じたい。
たまたま貼り紙を見てないか、ネットされてない環境の方に助けられたかもしれないし。

なんとか帰って来て欲しい、まゆみんさんが待っているよ、キキちゃん・・・。


グレープが止まってウトウトし出した桜の木、でも止まっていた枝は先々月に切られてしまった・・・。
CA250148-sakuras.jpg

スポンサーサイト

|04-11|鳥さん仲間||TOP↑

プロフィール

冴夜花☆